朋西会 掲示板(新)

107976
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

夏大ファイナルの結果 - 監督 米田  浩

2018/09/25 (Tue) 17:22:16

今晩は。
本日行われましたファイナルの結果を報告します。
<MD>
⑤菅 瑞樹・石川椋太(小樽商大) 7-5 6-2 ②高島 陸・富所将輝
<MS>
③高島 陸 6-3 6-2 富所将輝
<WD>
②平野光留・岩花優果(北翔大) 6-1 7-5 沢谷紀香・高橋祐奈(北海学園大)
<WS>
①平野光留 6-1 6-1 畠山沙衣(北海道大)

残念ながら、昨年の春大のように、全種目札幌大勢による制覇はできませんでした。
優勝者は、11/25(日)から始まる室内インカレ(大阪・江坂TC)に出場する権利を得ました。

ところで、現在、北海道学連が主催する全学年が出場できる個人戦は、道学生トーナメント(春大)、道学生選手権(夏大)、道学生選抜室内選手権の 3大会が毎年開催されています。
平野光留が、女子シングルスにおいて、今回の優勝で、10連覇を達成しました。
私が札幌大に赴任したのは、1983年ですので、それ以前のことはわかりませんが、過去の北海道学生連盟の歴史において、10連覇を達成した者はいないのではないでしょうか?
彼女が 1年生の春大で、その時の優勝者である土屋早希(北海道大 3年)にQFで負けて以降、シングルスでは負け知らず。まだ、道学生選抜室内が残っていますが、春大 3連覇、夏大 4連覇、そして、選抜室内 3連覇中です。

今回の大会でも、部員ごとに目標を立てて、試合に臨んでもらった一方で、チームとしても、来年度の王座に向け、 3年生以下のレベルアップを目標としました。
高島、富所、伏田、猪股に続く、第 5および第 6の男の出場を期待していたのですが、もう一つ明確なレベルアップが発揮できていない結果となってしまいました。
10/ 1(月)から正規練習を開始し、新主将になる高島の下、充実した練習を積んでほしいと思っています。

Re: 夏大ファイナルの結果 - Shimizu

2018/09/25 (Tue) 19:09:20

連絡ありがとうございます。

完全制覇は残念でしたが、素晴らしい戦績に驚きです。

又、平野さんのWS10連覇は素晴らしい記録で、私の卒業が1980年ですが、当時も聴いたことが有りません。
誠におめでとうございます。

来期に向け、益々の活躍を期待しております。
お疲れ様でした。

夏大SFの結果 - 監督 米田  浩

2018/09/24 (Mon) 17:20:55

今晩は。
10時頃に、降雨による一時的な中断がありましたが、全試合終了しましたので、本日行われました各種目のSFの結果を報告します。
<MD>
④猪股・伏田 4-6 3-6 ⑤菅・石川(小樽商大)
②高島・富所 6-3 6-2 大友・窪田(札幌国際大)
<WD>
①三浦・三浦(北星学園大・北海学園大) 6-3 3-6 8-10 沢谷・高橋(北海学園大)
②平野・岩花 6-4 6-0 渡邊・長田(札幌国際大)
<MS>
④富所将輝 6-4 6-3 ⑥小林龍之輔(北海道大)
③高島 陸 6-4 4-1RET ②石川椋太(小樽商大)
<WS>
①平野光留 6-1 6-3 ③渡邊奈々子(札幌国際大)
畠山沙衣 7-5 6-4 沢谷(北海学園大)

よって、明日のファイナルは、
高島 陸・富所将輝 VS 菅 瑞樹・石川椋太(樽商大)
平野光留・岩花優果 VS 沢谷・高橋(北海学園大)

高島 陸 VS 富所将輝
平野光留 VS 畠山沙衣(北海道大)

という組み合わせになり、昨年の春大(道学生テニストーナメント)で成し遂げた札大勢の全種目制覇を再び成し遂げる可能性が出てきました。

夏大QFの結果 - 監督 米田  浩

2018/09/21 (Fri) 17:41:57

今晩は。
本日行われました各種目のQFの結果を連絡します。
<MS>
④富所将輝 6-2 6-4 ⑪伏田雄哉
③高島 陸 6(4)-7 6-3 6-1 ⑦伊藤(北海学園大)
<MD>
④伏田・猪股 6-1 6-1 島川・山下(小樽商大)
③高島・富所 6-3 6-1 野澤・西島(北海道大)
<WS>
①平野光留 6-1 6-0 大橋(道教育大岩見沢)
<WD>
②平野・岩花優果(北翔大) 6-1 6-1 大橋・武藤(道教育大岩見沢)

なお、他大学同士の試合結果は次のとおりです。
<MS>
⑥小林(北海道大) 6-4 6-3 ①菅(小樽商大)
②石川(小樽商大) 4-6 7-6(6) 6-3 ⑤大西(北海道大)
<MD>
⑤菅・石川 1-6 7-6(2) 10-2 ①山本・伊藤(北海学園大)
大友・窪田(札幌国際大) 6-1 6-3 ③大西・今田(北海道大)
<WS>
③渡邊(札幌国際大) 6-0 6-4 岡本(北海道大)
沢谷(北海学園大) 6-2 6-4 成田(北星学園大)
畠山(北海道大) 6-4 7-5 高橋(北海学園大)
<WD>
①三浦・三浦(北星学園大・北海学園大) 6-1 6-3 岡本・森(北海道大)
沢谷・高橋(北海学園大) 6-1 6-3 伊藤・畠山(北海道大)
③渡邊・長田(札幌国際大) 6-0 6-1 家城・高橋(北翔大)

SFは、2日間空けて、9/24(月・祝)の 9時から、
MDとWDが入り、その後に、MSとWSが入ります。
組合せは、次のとおりです。
<MS>
④富所 - ⑥小林(北海道大)
③高島 - ②石川(小樽商大)
<MD>
④伏田・猪股 - ⑤菅・石川(小樽商大)
②高島・富所 - 大友・窪田(札幌国際)
<WS>
①平野 - 渡邊(札幌国際大)
沢谷(北海学園大) - 畠山(北海道大)
<WD>
①三浦・三浦(北星学園大・北海学園大 - 沢谷・高橋(北海学園大)
②平野・岩花(北翔大) - 渡邊・長田(札幌国際大)

夏大 3日目の結果 - 監督 米田 浩

2018/09/20 (Thu) 19:40:35

今晩は。
本日行われたMS3R、WS2R、MD2Rの結果をお知らせします。
なお、丸数字はシード順位です。
<MS>
⑪伏田雄哉 6-4 5-7 6-4 ⑧山本(北海学園大)
④富所将輝 6-1 0-6 6-3 ⑩駒井(北大医学部)
③高島 陸 6-0 6-1 ⑯横山(北海学園大)
⑭猪股祐理 2-6 7-6(8) 4-6 伊藤(北海学園大)
<WS>
①平野光留 6-1 6-1 小笠原(室蘭工業大)
<MD>
④伏田・猪股 6-0 6-0 間・品田(帯広畜産大・札教大)
②高島・富所 6-2 6-1 工藤・蘇武(北海道教育大)

今日で、全種目ベスト8が出揃い、明日はMDとWDのQFが 9時から行われ、その後に、それぞれのシングルスが行われます。

夏大本戦始まる! - 監督 米田 浩

2018/09/19 (Wed) 19:51:43

今晩は。
昨日から、北海道学生テニストーナメント・本戦が始まりました。
予選を勝ち上がり、本戦出場を決めたのは、本間公崇( 4年)、松本兼輔( 2年)と、熊谷和美( 4年)・松本兼輔ペアのみでした。

本戦は、MSが2Rまで、MD、WS、WDはそれぞれ1Rが消化されたところです。
名前の前の丸数字は、シード順位を表しています。
<MS> 1R
③高島 陸 6-4 6-0 石村(札幌医大)
④富所将輝 6-4 6-2 安田(千歳科学大)
⑪伏田雄哉 7-5 6-1 折戸(北海道科学大)
⑭猪股祐理 6-0 6-1 亀谷(北海学園大)
 熊谷和馬 6-0 6-1 中村(北星学園大)
 本間公崇 6-0 6-0 竹田(北星学園大)
 松本兼輔 2-6 1-6 ⑩駒井(北大医学部)
MS 2R
③高島 陸 6-0 7-5 高木(北海学園大)
④富所将輝 6-3 6-3 窪田(札幌国際大)
⑪伏田雄哉 6-3 6-1 熊谷和馬
⑭猪股祐理 6-0 6-0 丸村(北大歯学部)
 本間公崇 2-6 0-6 ①菅(小樽商科大)
WS 1R
①平野光留 6-0 6-0 登坂(北海道大)
MD 1R
②高島・富所 6-1 7-5 長坂・大和田(北海学園大)
④伏田・猪股 7-6(8) 3-0 RET 折戸・横山(北海学園大)
 熊谷・松本 4-6 5-7 ⑤ 菅・石川(小樽商科大)
WD 1R
②平野・岩花(北翔大) 6-1 6-1 成田・小澤(北星学園大)

Re: 夏大本戦始まる! - Shimizu

2018/09/20 (Thu) 18:38:33

連絡ありがとうございます。

ニュースで見る限り、
清田方面での災害が大きく報道されており、影響について危惧しておりましたが、大会も無事開催されているとの事で多少安堵しました。
皆さんの活躍を期待しております。

台風21号の影響で、 - うさぎ777

2018/09/11 (Tue) 19:36:12

台風21号の影響で、
大阪府高槻市北部の山あいにある樫田地区は11日午前も断水が続き、
停電が解消されていない世帯も残る。

http://timeline.sakura.ne.jp/02/n/2/0/1/8/n2018_0901.html#9_04

一覧通日年表

( 個人的意見 )

まもなく、夏大予選! - 監督 米田  浩

2018/08/30 (Thu) 09:01:47

おはようございます。
9/ 1(土)から、夏大(北海道学生テニス選手権)の予選が始まります。
本戦は、9/18(火)~21(金)と24(月)、25(火)の期間に行われます。
予選から出場する札大勢は、シングルスに本間公崇(スポーツ文化 4年)、菊地拓巳(経営学 3年)、大崎睦哲(経緯 3年)、林 飛勇(経営 3年)、松本兼輔(スポーツ文化 2年)が出場します。
ダブルスには、熊谷和真(歴史文化 4年)・松本兼輔、と本間公崇・大崎睦哲の 2ペアが出場します。
なお、佐藤元規(経済 3年)もシングルスにエントリーしていましたが、練習中に右膝内側靭帯断裂のケガを負ってしまい、欠場することになってしまいました。
6月に行われた道王座で、優勝を果たすことができず、それ以降、チームそして個人に示された課題と向き合って、ここまで練習に励んできました。
その成果を形として残してくれるものと、彼らに期待しています。
佐藤を除く11人が、9/18から始まる本戦(野幌総合運動公園)コートに立てるよう、コーチングしていきたいと思っています。

ところで、一昨年あたりから、気になっていたことですが、道学連主催の個人戦(春大、新進、夏大)へのエントリー数が減少しています。
先日終了した新進戦などは、不思議な表記ですが、1Rはなく、2Rから。今回の夏大予選でも、MSには数試合の1Rはあるものの、ほとんどが2Rから、WDにいたっては、2Rが数試合あるだけで、いきなり予選決勝( 3R)の山が多々あるなど、エントリー数が少ないのです。
少子化に伴い18歳人口も減少し、大学生の数も減少していることは事実ですが、経済的に大学で部活動を行うことが困難、あるいは楽しく気ままにプレーすることを志向し、しきたりや伝統などに縛られるのを嫌う学生が多くなっているのが原因ではないかと思っています。
エントリー数の減少は、やがてエントリー代の値上げなどに発展していくかも知れません。
伝統的に学生の自主運営の下で、学生テニス連盟は運営されてきましたが、毎年変わる連盟役員では、長期的なビジョンを描くことが難しく、近年では、大会要項、ドローやコート割りの公表遅れなどに関しての苦情が道学連HP上で、示されています。

インカレ遠征報告 - 監督 米田  浩

2018/08/16 (Thu) 09:14:48

今日は。昨夜10時半過ぎに、岐阜から帰札しました。
昨年は、入院中の実父の付き添いで岐阜遠征に帯同することができませんでしたので、2年ぶりの岐阜行きとなりました。
8/11(土)に、気温38℃に達していた岐阜に、部員とともに入りました。岐阜は盆地ですので、例年高温になることで有名ですが、今年も”暑く”出迎えてくれました。
翌日、8/12に50分間の公式練習が予定されていましたが、予選が全て消化しきれず、持ち越しになった関係で、夕方の20分間しか練習することができませんでしたが、それでも部員たちは汗びっしょり。
本戦第 1日目(8/13)は、WSとMSの 1Rが行われ、札大勢のトップとして、平野光留が予選を勝ち上がってきた城間安実選手(慶大)と対戦しましたが、0-6 4-6 の完敗。続いて、富所将輝が伊藤竹秋選手(慶大)と対戦し、2-6 2-6 の完敗。高島 陸は清水一輝(中大)と対戦し、富所と同じスコアで敗退。
3人とも、スコア的には、完敗ですが、ラリー戦になることもしばしばあり、ここで決めていれば、ここでイージーなミスをしなければ、もっと競った内容やゲームを取れていたはずです。
翌日の第 2日目は、男子ダブルス1Rに富所・高島ペアが試合を行いました。前日もそうだったのですが、この日も、午後 2時過ぎから、雷雨に見舞われ、17面ある中の屋根付きコート( 4面)を除く、屋外コートでの試合が中断し、大会スケジュールが大幅に狂い始めてしまいました。
山尾玲貴・大野翼ペア(関西大)との試合は、立ち上がり、連続14ポイントを奪われるという一方的な試合展開でしたが、その後、しっかりと対応し始め、1st setは2-6で落としたものの、2nd setに入ると、相手のサービスゲームをブレークするなど、途中までゲームカウント 3-4 と競った展開になり、これはタイブレークに持ち込めるかと思いましたが、最後は 3-6で押し切られ、敗退してしまいました。
試合後のミーティングでは課題ばかりではなく、手応えも多々あったことを確認できましたので、室内インカレ予選を兼ねて行われる夏大(道学生選手権 9/18~9/21 9/24、9/25 野幌)に向け、モチベーションが高まったようです。
北海道勢では、WS1Rで、北信越地区代表の選手と対戦した三浦萌香選手(北星学園大)が勝った以外が全て初戦敗退してしまいました。
ただし、九州地区代表選手と対戦した畠山紗衣選手(北海道大 1年)が勝利まであと一歩のところまで行き、今後に期待を抱かせる内容でした。

Re: インカレ遠征報告 - Shimizu

2018/08/18 (Sat) 07:39:33

インカレご苦労様でした。

本州はちょうど猛暑・熱波の真っただ中で、さぞご苦労されたことと存じます。

戻られまして、体調など崩されませんようにご自愛下さい。
また、秋・室内もあり、一層の活躍をご期待申しあげます。

OBOG・現役交流会の報告 - 監督 米田  浩

2018/07/15 (Sun) 11:51:03

9時前に、小雨が降り始め、しばらくの間、待機の状態が続き、9時半頃に雨が止み、10時から、OBと現役が揃ってウォーミングアップを始め、いよいよサービスリターンを始めた頃から雨足が強い雨が降り始め、再び待機状態になってしまいました。
その後、しばらく天候の回復待ちをしましたが、降ったり止んだりの繰り返しになりそうでしたので、「中止」の判断を下しました。
愚図ついた天候にも拘わらず、9人ものOBが参集してくれました。
旭川在住の長谷川貴侑さん(2016年卒)を始め、大島聡さん(2006年)、2008年卒の伊藤佳介さん、土田 光さん、中兼太樹さん、三木一徳さん、そして山川貴弘さん(2009年卒)、南 達也さん(2010年卒)が現役との試合を楽しみに集まってくれたのですが、....。
さらに、中野智博さん(1998年卒)が 3歳の息子さんを連れて、見学に来てくれました。
ここ数年、雨に祟られていますが、来年こそはもっと多くの方々に集まっていただき、賑やかに行えれば良いなと思っています。

OBOG・交流会の実施について - 監督 米田  浩

2018/07/15 (Sun) 08:00:28

おはようございます。
先ほどの情報提供後も降雨はありませんので、7月中旬としては、気温がやや低い天気ですが、予定どおり、午前 9時30分より、交流会を実施いたします。

なお、天候の急変に伴う「中止」について、ご容赦願いいます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.